お待たせしました。


夏に予告して今です。
(たびたびページ閲覧してくださった方がいたらごめんなさい)


プロファイリングしてくれた鈴蘭さんとは
趣味を通じて知り合いました。
瑠璃と仲良くなった時に感じたワクワクと同じものを
彼女に感じました。
私の人生初の
仲直りを前提としたケンカをできる友人です。
信条として
「どんな境遇でも友人に恵まれていれば人生上々」
ですので
お蔭様で最近楽しいです。


鈴蘭さんは表と裏に分けて分析してくれました


表とは
歌を聴いてくれる人みんなへのメッセージ


裏は
彼女の私への想い


表だけを公開して裏は非公開にすべきか
一瞬悩んだのですが
私と瑠璃を知る人達にも読んで欲しい気持ちがあって
公開することにしました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【表】


ずっとずっと生きていてよかった


辛いこともあったし
死にたいと思った時もあった


それでも私は
最期に理性を持って語りたい


命は最初から愛されている
「死」とは また『還る』だけの安らかなもの
天国も地獄もないけど
「死」の先には ただ暖かい海原がある


それが分かっただけでもいい
真っ当に「生きて来た」って思える証拠だから
きっと それを知るために私は生まれて来たのだから


この曲を聞く人に
少しでも伝わればいいな



私が今まで探していた
『人生の宿題』の答え



命は 最初から愛されている


いかなる表面的な苦しみも
全て愛の元に行われている


本当は知っていた
私がこうして世界からいなくなること
ずっと前から予感していた
でも まだ死ねない
私の『宿題の答え』を渡したい人がいる
そして
その中で私は生き続ける




【裏】


私の『人生の宿題』の答え
Pacoから教わったんだ


普段はマイペースなのに
見えない場所で無茶ばかりして


時々自分より他人を優先させるから
随分ハラハラしたこともあったよ
でも そんなPacoだから
いろんな人に愛されていたよね


本当はすごく涙脆いのに
『泣けない』世界に生まれてきて
本当はすごく素朴なのに
周りから「飾り」をつけられて
本当はすごく繊細なのに
周りには弱音を吐かなかった


きっとこれからも
PacoはPacoなんだろうな


どうか
そのままの優しいあなたでいてください



それにしても
私…不器用だよ


生きている間は
ずっと「自分」が嫌いだった


愛情を知るのに
私は「自分」であることが邪魔だと思っていた


だけど
そんな「自分」をPacoは大切にしてくれた
ありのままの私に愛情を注いでくれた


そして…「自分」を最期まで振り絞ることが
最期はPacoの笑顔を守るんだって分かった


私は「自分」でよかった
決して後悔していない


絶望もした
生きることを憎んだ時もあった


でもね
Pacoが側にいると自分を取り戻せた


Pacoがいたから
私の『死』は“悲劇”じゃないんだよ


それでも私を不憫に思うのなら
きっと それがPacoの『宿題』


私のやりきれなかったことは
Pacoの人生へのヒント



Pacoも…『答え』が見つかるといいね



・・・・・・・・・・・・・・・・・


私が最初にこの記述を目にした時
まんま瑠璃の言葉だぁ!
と思いました。
まるで瑠璃と私と鈴蘭さん
三人で過ごしてきたかのような錯覚を起こすくらいです。


生前、瑠璃から聞いた言葉の端々も
散りばめられていたからです。


私は普段、現在の友人に
瑠璃のことは語りません。
何故なら、あまりにも重く、辛い過去の一部であり
現在の人間関係では、
そんな私の「影」を匂わせる機会が無いからです。


鈴蘭さんはそんな私の「影」の部分も
よく知る友人となりました。
ほかでは語れないことも、彼女には語れます。
自分のありのままを
全部表現できる、そんな関係だから
余計に細やかに分析してくれたのでしょう。


・ゲームで瑠璃と直接関わったあなたの
・財前さんのブログで知ってくださったあなたの
・動画サイトで知ってくださったあなたの
・リアル友人であるあなたの
・・・中の瑠璃は
きっと違う「語りかけ」を
あなたにしていることでしょう。


どんな響きでも
きっと美しいんだと思います。
いつまでもこの曲を忘れず
愛してくださるあなたに
大きな感謝の気持ちを持って
この記事をアップさせていただきます。



あなたの中の「死」や「別離」や「生きること」
その概念は人によってそれぞれ違うことでしょう。
少しでも
優しく尊いものでありますように・・・。

そもそもウチの曲を聴いていただく機会に恵まれたキッカケをくださったのが
ゴウさんの記事で
http://ninehalt.blog4.fc2.com/blog-category-31.html

時間が経過しても増えていくコメント蘭をこっそり見守っていました。

5年
あっという間です。
もうすぐ桜が咲くので、
最後に一緒に行ったお花見の
浮世離れした美しさや
まぶしさ
命の輝き
記憶はそういう形で再構成されていて
ひたすら美しい記憶が蘇り
口元に自然と笑みがこぼれます。


彼女の好きな苺や
桜まんじゅうをお供えしました。
今は桜のお香を焚いています。

好きだったもの
好きそうなもの
これからも忘れずに


5年目でも忘れずにいてくれてありがとう
私はあのセカイに入らないけど
歌のメッセージを受け取ってくれる人がいることはありがたいです
http://ninehalt.blog4.fc2.com/blog-entry-1119.html
そして、動画にたくさんのコメントありがとう!


コメントはすぐ返信できなくてごめんなさい。
一日最低13hは仕事している身なもので。
まぁ毎日がんばっています。

魂の約束(ロンド)
作詞 瑠璃
作曲・編曲・演奏・ヴォーカル・Rec&Mix Paco


呼吸(いき)をするように
最初からあたり前のように
あなたと私は 出会ったでしょう


そして共に手をつなぎ
同じ歩幅で歩いてゆくの


いつの日か
どちらかの魂が
やさしい 大海へ
いだかれるその時まで


あなたが誰かなんて
私が何者かなんて
問いかけることは
意味がないの


だからただそばにいて
ほら幸せの花が開いてく


そして月日はめぐって
きっと私たちはまた 出会う
魂の約束(ロンド)
永遠の約束


I belong to you
You belong to me
We return to Sea of Soul
We'll promise there to see



この曲を聴いて歌詞をメモまでしてくださった方
非公開のつもりでいた、ラストのコーラス部分の歌詞を
追記しました
この部分は
瑠璃が日本語で書いていた部分を
曲の流れで収めることができず
英語に直してラストで使いました
でも本当は
この部分だと、ラブソングになってしまう
でも、それを超える意味を含んでいる曲でもあるので
公開するつもりはありませんでした
だから
mp3サイトではあくまで非公開で・・・


この曲にリンクを貼りたいと申し出てくださってる方
ありがとうございます
リンクしていただいて結構ですw
サイトのBGMに・・・という件ですが
個人的には
サイトを開いていきなり曲がエンドレスで流れる
しかも停止ボタンがない
という仕様を好まない方がいらっしゃるので
閲覧した方に選択肢があるようにしていただければ幸いです
著作権は放棄してませんが)



この曲が生まれた背景は
こちらに詳しく紹介されています
財前さんが、瑠璃の急逝を知り、
サイトで紹介したいと申し出てくださいました
一日10000以上ヒットするマンモスサイトの運営をされていて
瑠璃の
「一人でも多くの人に聴いてもらいたい」
という願いを叶えられるから、と・・・・

でも、ポンと曲を紹介しただけでは意味がない、と


文中のCharouが、瑠璃です


財前ゴウの総回診





リアルでは外出もままならない瑠璃が、
あの世界では
跳んだり、はねたり、色々な人と知り合って、遊んで・・・
誰に気後れすることなく、ごく普通の1プレイヤーとして
楽しい時間を過ごすことができました
そして私も、
まるで毎日一緒に過ごしているような
楽しいひと時を過ごせました


瑠璃の病気のことは知らせず
入退院のことだけは、その世界の友達に知らせていました
いつもみんな心配してくれて
「早く帰ってきてね!」
と、待っていてくれました
私は
「もうみんなとお別れかもしれないのに・・・」
と、後ろ向きで悲しい気持ちでいっぱいで・・・


耐えられなくなって、とうとうある友達に
瑠璃の病気のことを話しました
すると
「僕は信じないぞ!
最後まであきらめちゃ駄目だ!」


ガツンときました
目が覚めました
一番身近にいる私が彼女が治ることを信じなくてどうするんだ、と


そして、自分には何ができるだろう?
と考えました


その友達とは、音楽ファイルのやり取りをしていて
瑠璃とのバンドを、彼女の体調不良から休止していて以来
再び音楽にハマるきっかけになっていました

ああ、私たちにはこれがあった


ある日、瑠璃に勇気を出して申し出ました
それはもう、死のオーラを放っていた状態
しゃべるのもやっと
という状態の彼女に
「作詞してくれたら、新曲作ってネットで公開するよ!」
その時の彼女の瞳の輝き
お見舞いに行くのも、気後れするほどの状態でしたが
その提案は間違っていなかったとすぐわかりました


私は心の中で
「(肉体はいつかお別れするけど)残せるものがあるんだよ」
と・・・・


あっという間にいくつかの歌詞を書き上げてくれました
「言葉がどんどん沸いてくるの」
と、イキイキと力を取り戻した彼女の姿
死のオーラはいつのまにか消えていました


有限実行
初めての試み
なんとしてでもやり遂げねば


ソフトを入手
楽器のメンテナンス
周辺機器の購入
DTMの勉強


魂の約束(ロンド)完成形を
生きているうちに瑠璃に聴いてもらうことは叶いませんでした
でも、きっと
聴いてくれている


最後まで望みを棄てず、接することができたから
瑠璃は私といてリラックスできたんだと思います
だって、私たちには
音楽という希望と絆があった


生まれ変わりを信じている瑠璃が
「辛いけど、またみんなに会いたいから、最後までがんばるよ」
と、言っていました

そのとおり
担当医や看護士さんたちに褒められるほど
立派な最後の日々でした


こんなに美しく、凛々しく
死を迎えることが、果たしてできるだろうか・・・・
彼女自身、生きて、生きて、生き抜いていった確信がある
という証拠を
彼女の遺作となる作詞ノートで発見しました



たたえなさい 今のあなたを
勝ち取ったものは かけがえがないから
もうきっと どこにも行かないわ
この希望の星 ひとつ つかまえたなら
だから眠らせてね 眠らせてね
あとに残るは 静寂 静寂(シャンティ シャンティ)


これもいつか形にします


 彼女の意思が友達を通じめいぽを通して、私に伝わった。
 それがメイプル総回診と繋がり、八十八茶が動画へと繋がった。



 不思議なものですね。なぜかどんどん繋がっていく。
 そしてこれはネットでないと成しえなかった。 



 はじめてサイトをやってて人の役に立てた気がします。


財前さんが記事で語ってくださったように
たくさんの人に聴いていただける機会を
ネットが与えてくれました
ライブハウスなどの小さな空間では成しえないことでした



ここまで長文を読んでくださってありがとう
瑠璃も私も
美談仕立てにするのは本意ではありません
でも
財前さんの記事に寄せられたコメントを見て考えが変わりました
一人の人間が病魔と闘って生き抜いた姿
小説やメディアでも普通に見かけるドキュメンタリー
でも、
この実在した話を真摯に受け止めてくださったことに感謝を
逆に私や瑠璃の遺族が救われました


そして、私自身が変わるきっかけをくれ、
支えとなってくれた友達
瑠璃が去ってから
共に悲しみ、慰め、励ましてくれた友達
財前さんに記事を作成していただくきっかけとなった友達
私のつたない文章をまとめてくださり、コンテンツとして残してくださった財前ゴウさん
瑠璃(charou)と仲良くしてくれためいぽのみなさん
この曲を聴いてくださった方
月並みな感謝の言葉ですが
ありがとうございます
愛と感謝をこめて・・・